<< 2015年度 技術セミナー | main | 2015年度 技術セミナー02 >>
2015.12.12 Saturday

会員作品講演会2015

0
    2015-12-12
    今回の会員作品講演会は、バスツアーによる現地見学を講演とセットにするという初の試みで行われ、講師はガラスのピラミッドでおなじみの水野行偉氏と新進気鋭の若手建築家の山田哲也氏のお二人で、住宅とはいえ、内容的には好対照な二つの作品であった。一件目は富山市金屋の水野氏設計の伊勢邸で、将来的に三世帯住宅を想定された豪邸で、既設の和風庭園をコノ字型に取り囲み、LDKを中心に、二つの世帯の寝室群が庭を介して向かい合わせる構成で、リビングはアジアンリゾートの雰囲気でまとめられ、これまでの水野氏の作風と違う点が、講演会でも質問や感想で他の会員から多々寄せられた。それに対して山田氏の笹倉の家は、約33坪のシンプルな住宅の中に、プライベート空間だけでなく、土間空間を通してまちの図書室のようなパブリック性を帯びた使われ方をされていることが、設計者の狙い通りに見られた。またディテールまでとことん拘って作り込まれた手作り感満載の作品で、施主が住み始めて3年経過した状態を見学できたことも、貴重な体験であった。切妻屋根の連なりでできた谷の取り合いが現地でも注目され、講演後の板金のプロからの質問でも改めて話題になったが、施主とのやり取りで設計者ではなく、施主が拘った事情も詳細に聞くことができた。現地見学の後の講演は、記憶の鮮度が落ちない内に聞けるため、ただ聞くだけの講演会と違い、参加意識が共有できる良さが感じられた。(M.Yago)
    コメント
    コメントする