<< 「ONEワク2019」 文化駅〜富山地鉄の駅舎〜 No.2 | main | デザイン講座2019「VRと建築ビジュアライゼーションの現在」 >>
2019.11.08 Friday

富山地域会市民交流部会事業の青森バスツアー

0

    10月17,18,19日に青森で行われたJIA全国大会に合わせ、富山地域会市民交流部会事業のバスツアーを二日間に渡って開催、富山から正会員6名、準会員2名、協力会員3名の計11名が参加しました。 

     

     

    初日は、七戸十和田駅からバスで移動、十和田市現代美術館を中心に市内巡りを行いました。 十和田市は、現代美術館を核として周辺にアート作品が点在するストリートミュージアムになっており、街歩きが楽しめました。 夕方弘前市に到着、地域会の懇親会を開催、石川地域会からの参加も加え、16名のにぎやかな宴になりました。 

     

    翌日は、まずサスティナブル化事業を行った弘前の代表的前川建築である弘前市役所を見学、建物のBEMS化に合わせ、リフレッシュされた建物をじっくり見学できました。 屋上にも上がり、コルビジュエテイストを満喫できました。 次に隣接する旧市立図書館やミニチュア洋館群を見学した後、弘前市郊外のりんご公園内のシードル工房kimoriに行きました。 こちらは2015年度のグッドデザインを受賞した地元若手の蟻塚氏の作品で、広大なリンゴ公園の中にポツリと立ったシルエットと遠くにそびえる岩木山のツーショットが印象的でした。 

     

    昼食後、全国大会会場のこちらも代表的な前川建築である市民会館に到着、全員集合した記念写真を撮りツアーを終了、全国大会に合流しました。

     

    二日目のツアーは、弘前市役所のサスティナブル化事業を見学するということで、北陸電力さんに事業のサポートを全面的にいただきました。改めてこの場を借りて感謝申し上げます。 

     

    台風19号の影響で北陸新幹線が不通となり、出発直前に米原周りのスケジュールが決定、片道8時間半以上かけて行ったツアーは、事業の目的である会員相互の交流、情報交換を移動時間も含めて、より濃密に行え、参加した会員全員の記憶にずっと残るものになったと思います。

     
     
     
     
     
     
     
     
     

    コメント
    コメントする