<< JIA建築フォーラム2017 「地域を再生する」〜神家昭雄×大角雄三(古民家再生工房) | main | 2017年度 技術セミナー >>
2017.12.20 Wednesday

会員作品講演会2017 プラス 「まち並みを受け継ぐ」

0

    今年度の会員作品講演会は、先に開催した建築フォーラムの「地域を再生する」というテーマと関連して、「まち並みを受け継ぐ」というテーマを持って高岡の山町筋周辺を巡りました。山町筋は重要伝統的建造物群保存地区に指定されている場所ですが、そのまち並みを建築家たちが真摯に向い合い、次の世代へ受け継いでいく手法の多様さを学ぶことができた有意義なセミナーとなりました。

    まずは、この地域に残る古い建物の再生活動をされている大菅さんをゲスト講師に迎え、一見、価値を失ったように見える古い建物を時にはセルフビルドで新しい息吹を与え、「再価値化」していく取組みを学びました。自身の事務所を含めて身を挺してまちづくりに取り組む姿は私たちに少しばかり背中を押してくれるような勇気をもらったような気がします。

    続いて向かった山町ヴァレーでは、短工期にも関わらず、行政を巻き込みながら、目的を達し、加えてその後の運営にも携わっていく熱意を感じることが出来ました。数年前に訪れた際にはうっそうとしたイメージだったこの場所が、山町の中心的役割を担うような空間に生まれ変わったことは、改修前の調査も含めて、この建物に携わってきた人たちの成果といえるでしょう。

    最後に向かった御車山会館はオープンコンペを勝ち抜いて作られた新築の建物ですが、それ以前から山町一体の景観保存活動に携わっていたという背景があってこその作であることが伺え、他の設計者(特に県外からの参加)ではこう上手く着地できなかったに違いないことを十分に感じさせてくれるものでした。周辺にあるディテールを入念に調べ、積み上げた建物は、必要以上に主張することなく、けれども力強い姿でまち並みに溶け込んでいました。

    このセミナーを通じて、「受け継ぐ」という行為は注意深く観察し、その時代背景に合わせた要素を加え整えていく行為であることを改めて認識する機会となりました。この経験を活かし、これからのリノベーションなどの仕事の際には、俯瞰したような目線をもって取り組んで行きたいと思います。(A.Mizuno)

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM