<< 技術・交流フォーラム2016 | main | 立山トレッキング・山岳建築ツアー  >>
2016.04.16 Saturday

2016年度総会 記念講演会

0
    2016-04-16

    公益社団法人日本建築家協会北陸支部富山地域会の2016年度第29回通常総会が、4月16日(土)富山国際会議場2階特別会議室で行われました。
    西野晴仁総務委員長の司会により開会が宣言され、濱田修富山地域会長の挨拶のあと、尾久彩子会員が議長に就任しました。まず、出席者数24名(委任状18名)合計42名(正会員数50名)により、正会員の5分の1以上となり、規約定足数が満たされていることの確認をおこない、議事録署名人として諏訪淳会員、碓井浩二会員の両名を指名して下記議案の審議に入り、第1号議案 2015年度事業報告及び収支決算に関する件、第2号議案 2016年度事業計画(案)及び収支予算(案)に関する件、いずれの議案も可決承認されました。
    引き続き、「地方に於ける建築と都市、そして建築家」と題して、上原雄史 富山大学芸術文化学部教授による記念講演会が行われました。まず神通川にかかる舟橋の浮世絵から始まり、廃川改修はしなかったほうが都市景観としては良かったのではないかという所から掘り込み、オランダ人は「街は自分で作る」という意識が高いこと、富山県の人口動態の解釈、外国人観光客が求める風景は在住の日本人が考えてすすめる景色とはずいぶん違うということ、外から見た人が地方の新たな価値を見つけることが多いこと、地方都市が東京を模して造られていること、夏休みが地方と中央の地域間格差を薄める仕組、日本における「都市の内部空間Urban Interior」=居心地の良さ、富山湾岸の観光ネットワーク「トヤマ・ベイ・ハーフムーン計画」、そして、県内30代以下の設計者限定の地鉄駅舎の改修コンペ計画(案)など目からウロコの多彩で豊かな講演でした。(H.Nishino)




    コメント
    コメントする